後遺障害慰謝料

外貌醜状で認められる後遺障害の等級は、 「7級12号」では外貌に著しく醜状を残すものに対し認定を受けることになり、頭に残った手の平大以上の瘢痕や、頭蓋骨の手の平大以上の欠損に対してなどです。 「9級16号」のケースでは、外貌に相当程度の醜状を残すものが該当するとされ、顔面部に残った長さ5㎝以上の線状痕です。 「12級14号」は 外貌に醜状を残すものであり、 頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕、頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損です。外貌醜状で認められる後遺障害の等級は、 「7級12号」では外貌に著しく醜状を残すものに対し認定を受けることになり、頭に残った手の平大以上の瘢痕や、頭蓋骨の手の平大以上の欠損に対してなどです。

「9級16号」のケースでは、外貌に相当程度の醜状を残すものが該当するとされ、顔面部に残った長さ5㎝以上の線状痕です。 「12級14号」は 外貌に醜状を残すものであり、 頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕、頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損です。このようにみていくと、 同じ傷痕だとしても「場所」や「大きさ」によって 等級が違ってきたりすることが判ります。 例えば、7級12号が認められるためには、 頭の場合、てのひら大以上の大きさでいいですが、顔面部であれば鶏卵大以上の大きさが必要になって来ます。

交通事故被害による後遺障害を負った人っちが外貌醜状として後遺障害の等級認定を受けることが出来れば、「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」を受け取ることができます。傷痕の場所や大きさによって違って来るということも既にお話ししましたが、後遺障害慰謝料の金額や労働能力喪失率というものも等級によって大きく異なってきます
裁判所基準の金額や労働能力喪失率というものがありますが、あくまでも目安的数値であり、実際にこの金額をもらえるということではありませんので注意をしてください。