後遺障害慰謝料

外貌醜状で認められる後遺障害の等級は、 「7級12号」では外貌に著しく醜状を残すものに対し認定を受けることになり、頭に残った手の平大以上の瘢痕や、頭蓋骨の手の平大以上の欠損に対してなどです。 「9級16号」のケースでは、外貌に相当程度の醜状を残すものが該当するとされ、顔面部に残った長さ5㎝以上の線状痕です。 「12級14号」は 外貌に醜状を残すものであり、 頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕、頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損です。外貌醜状で認められる後遺障害の等級は、 「7級12号」では外貌に著しく醜状を残すものに対し認定を受けることになり、頭に残った手の平大以上の瘢痕や、頭蓋骨の手の平大以上の欠損に対してなどです。

「9級16号」のケースでは、外貌に相当程度の醜状を残すものが該当するとされ、顔面部に残った長さ5㎝以上の線状痕です。 「12級14号」は 外貌に醜状を残すものであり、 頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕、頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損です。このようにみていくと、 同じ傷痕だとしても「場所」や「大きさ」によって 等級が違ってきたりすることが判ります。 例えば、7級12号が認められるためには、 頭の場合、てのひら大以上の大きさでいいですが、顔面部であれば鶏卵大以上の大きさが必要になって来ます。

交通事故被害による後遺障害を負った人っちが外貌醜状として後遺障害の等級認定を受けることが出来れば、「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」を受け取ることができます。傷痕の場所や大きさによって違って来るということも既にお話ししましたが、後遺障害慰謝料の金額や労働能力喪失率というものも等級によって大きく異なってきます
裁判所基準の金額や労働能力喪失率というものがありますが、あくまでも目安的数値であり、実際にこの金額をもらえるということではありませんので注意をしてください。

外貌醜状とは……

「外貌醜状」とはなんなのでしょうか。外貌醜状とはなんとなく字を見て想像出来るものと相違はなく、 外観に醜い状態があることを指します。頭や顔、首といった日常的に人目に付く部分に対して、 瘢痕(火傷の傷痕……)、線状痕(線状の傷痕)、組織陥没の傷痕(醜状)が残ってしまた症状のことを言います。

外貌醜状の被害を受けた人たちは、後遺障害とどのように向きあって行けば良いのでしょうか……。外貌醜状の被害を受けてしまえば、仕事にも大きな影響が出る可能性を充分に考えることが出来、更に精神的苦痛も相当なものでしょう。 外貌醜状として後遺障害に認定されると、後遺障害慰謝料(後遺障害が残ってしまったことが原因で、精神的な苦痛を受けたとさ、それに対し支払われる賠償額のこと)や逸失利益といった損害賠償(労働によって得られたはずの利益が得られなくなったことによる損害)を受けとることが出来るようになります。

そのとき交通事故被害にあった人たちは、後遺障害の等級というものと向きあう必要があり、後遺障害の等級は、段階的に「1級」から「14級」まであって、数字が低いほど重い後遺障害という扱いになります。更に続けて外貌醜状についてお話しをします。

難しい問題がある

みなさんにしっかり理解して欲しいのは、 「後遺症」という言葉があり、「後遺障害」という言葉があり、似たような言葉なのですが全く別物だということです。後遺症は先ほどお話ししてますが、あくまでも症状のことを言います。一方で後遺障害というものは、 法律上の用語として使用されるものです。

後遺障害とは、自動車事故によっての傷害の治療が終了したとき残存する傷害と、相当の因果関係があって、かつ将来において回復困難と見込まれる精神的、身体的な毀損状態のことであり、その存在が「医学的」に認められる必要があり、労働能力の喪失を伴うものだという定義づけがされる必要があります。

後遺症というものは、後遺障害という言葉を包括するもっと大きなものという見方をしてもいいですが、したがって後遺症が、全部後遺障害にはあたらず、賠償対象にはならないケースも想定することが出来ます。

「被害者請求」は、被害者本人や弁護士等の被害者の代理人が行う手続きであり、「事前認定」、 「被害者請求」とともに、 最終的に後遺障害に該当するか否かを判断するのが自賠責調査の事務所であることは変わりがありません。まだまだいろいろ難しい問題を交通事故被害に遭遇すれば抱えることになります。