交通事故の後遺障害

交通事故被害に遭ってしまったら、後遺障害という問題に悩まされることになるかもしれません。 認定基準というものがあり、その症状が後遺障害の何級に当たるのかという大まかな基準についても事故被害あった人たちは知らなければならないのです。

人身事故被害に遭ったとき、治療を行ったとしても体が事故の前の状態に完全に回復するとは限らないです。「症状固定」とされる時期を迎えることになりますが、むち打ちになった後の手足の痛みやしびれがなくならないと言った症状が残ったままかもしれません……。そのような症状が残ればそれに見合うだけの示談金の支払いをしてもらわなければならないと当然思うことでしょう。

しかし、注意をしなければならないのは、ただそのような症状が残ったというだけでは慰謝料の示談金が増額出来るということでもないのです。そこで、私達はそのノウハウをしっかり理解しておく必要があります。その症状は治療を続けたにもかかわらず、完治せずに残ってしまった機能障害等の症状のことを言います。 後遺症になってしまい、すべてにおいて、賠償の対象になる訳ではないということもあらかじめ知っておかなければならないことです。

そのためには、自賠責調査事務所から後遺障害等級の認定を受ける必要があります。そのために「事前認定」と「被害者請求」など申請・手続きを行っていかなければなりません。「事前認定」とは、等級申請に必要な資料の作成・収集、申請手続きを加害者側の任意保険会社に任せる方法です。

Pocket