難しい問題がある

みなさんにしっかり理解して欲しいのは、 「後遺症」という言葉があり、「後遺障害」という言葉があり、似たような言葉なのですが全く別物だということです。後遺症は先ほどお話ししてますが、あくまでも症状のことを言います。一方で後遺障害というものは、 法律上の用語として使用されるものです。

後遺障害とは、自動車事故によっての傷害の治療が終了したとき残存する傷害と、相当の因果関係があって、かつ将来において回復困難と見込まれる精神的、身体的な毀損状態のことであり、その存在が「医学的」に認められる必要があり、労働能力の喪失を伴うものだという定義づけがされる必要があります。

後遺症というものは、後遺障害という言葉を包括するもっと大きなものという見方をしてもいいですが、したがって後遺症が、全部後遺障害にはあたらず、賠償対象にはならないケースも想定することが出来ます。

「被害者請求」は、被害者本人や弁護士等の被害者の代理人が行う手続きであり、「事前認定」、 「被害者請求」とともに、 最終的に後遺障害に該当するか否かを判断するのが自賠責調査の事務所であることは変わりがありません。まだまだいろいろ難しい問題を交通事故被害に遭遇すれば抱えることになります。

Pocket